古本の買取方法にはどんなものがある?

読まなくなった古本を様々な理由から処分したくなった際には、お店に買い取って貰うのが一般的です。
その際にはいくつかの方法があります。
どの方法にもメリット・デメリットが存在するので、その点を踏まえてどんな方法があるのか書きたいと思います。

古本をお店に売る時の方法としては主に3種類です。
店頭・出張・宅配の3種類の買取方法が挙げられます。

店頭買取は、利用するお店に売りたい古本を持っていき査定・買い取ってもらう方法です。
利用するお店にもよりますが、多くの場合はその場ですぐに売ることができます。

メリットとしては、お金が手元に来るのが早いので、急いでいる時や手っ取り早く済ませたい時に適している点や、仮に査定に納得できない場合でもキャンセルしやすい点が挙げられます。
デメリットとしては、自分でお店に持っていくので、量が多いと大変なことや、地域によっては自宅周辺に店舗が少ない場合があったりします。

出張買取は、自宅までお店の人に来てもらって査定してもらう方法です。
お店に行く必要がないので、売りたい古本が多い時でも安心です。

店頭の場合と同様に、入金スピードも早いのでその点も利点ですが、一方で自宅に人を呼ぶのが好きでない方には、あまり合わないと言えます。
また店頭の場合に比べると、自宅に呼ぶので査定額に納得できなくても気分的に断りづらい方も少なくないと思うので、その点には注意しておいた方が良いです。

宅配買取は、ネットショップ等に宅配便で売りたい商品を送って査定して買い取ってもらう方法で、梱包する手間はありますが、自宅に居ながら手軽に売ることができます。
店頭や出張と比べると利用できるお店が多くなるので、複数店舗を比較することが可能で、より高く売れる可能性が高まります。

一方で返送料は自己負担となる場合が多いので、査定結果に納得できなくてもキャンセルするのが難しいデメリットがあります。
また発送してから査定・入金が完了するまでに早くても数日は掛かるので、すぐにお金が欲しい時などには合わないです。

参考:古本買取

どの古本買取方法にもメリット・デメリットがあるので、そこを踏まえてその時々の状況に合った方法を選択するようにしてください。